HOME>トピックス>ネット社会では必須課題!風評被害対策とは?

ネット社会の怖さ

匿名で自分の意見を簡単に投稿できるのがネット社会。便利な側面もある一方で、自社の商品が被害にあってしまうことを恐れている経営者の方も多くいるのではないでしょうか?ここではそのための対策方法をご紹介します。対策方法の中でも弁護士と風評被害対策業者を比較していますのでご覧ください。

風評被害対策方法の比較!弁護士VS風評被害対策業者

弁護士

ネガティブな投稿を完全に削除できるメリットがあります。また、費用が1回きりなので継続的に費用がかかることはないです。しかし、全てを削除しきれない可能性もあるため覚えておきましょう。

風評被害対策業者

風評被害が起きないようにするためのWebページ作りや早期発見をすることができます。継続的に費用がかかりますが、逆SEOを行なうなどで被害拡大を予防することも期待できます。

SNSによる拡散

ウェブサイト

企業にとって風評被害は、かなり頭の痛い問題です。ネットに悪意ある書き込みをされてしまうとそれがデマであっても信じてしまう人も多いからです。会社なら売り上げが落ちたり、ブランドイメージにも悪影響を及ぼしてしまいます。そして従来は掲示板による風評被害が中心でしたが、ここ最近はツイッターやフェイスブックなどのSNSによる被害が増えています。これらのSNSの情報拡散力はすごく、一度書き込まれてしまったらなかなか消すことが難しくなります。そこで風評被害対策には専門家の力を借りることが大事になってきます。

機密保持の徹底

HOMEPAGE

風評被害対策の専門家を頼む場合は、専門資格を保持するスタッフがいる会社に依頼することをおすすめします。風評被害と言っても様々なケースがあり臨機応変に対応するには、高度な知識とノウハウが必要になるからです。また秘匿性の高い情報というものを取り扱うには、徹底した情報管理体制を敷いた会社であることが重要です。今の時代は誰でも情報発信ができるからこそ、しっかりとした風評被害対策というものが大事になってくるのです。

再発予防が大事

パソコン

風評被害対策は一度行えばそれでいいというものではなく、再発を防止することが重要なのです。それは悪意のある相手は何回でも誹謗中傷してくることがあるからです。そのために社員教育や管理体制の構築やトラブルが起こらないような組織作りなどが大事になってきます。専門家はそういった再発予防のお手伝いもしてくれます。

広告募集中